北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ
(2018年 9月29日 ~ 10月5日)

北朝鮮で海外ミュージシャンとして初のライブを行うことになったロックバンドのライブ開催までの混乱の1週間を追ったドキュメンタリー。2015年、祖国解放70周年記念日に海外からミュージシャンを招くこととなった北朝鮮政府は、スロベニア(旧ユーゴスラビア)のロックバンド「ライバッハ」を招へいする。ナチスを思わせる制服姿や軍隊を思わせるサウンドから、ヨーロッパでは何かと問題視されているライバッハだったが、北朝鮮を訪れた彼らを待っていたのは、想像を超えた厳重な監視体制。到着初日に空港でライブ用のデータ没収、会場での現地スタッフとのかみ合うことのないミーティングなど、思い通りにならない事態にバンドメンバーの不満は募っていき、さらにバンドのリーダーが固く禁じられている街を勝手に散策するという違反を起こし、バンドと北朝鮮サイドはさらなる緊張関係へと突入。そんな中、韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生してしまう。

上映期間 2018年 9月29日(土) ~ 10月5日(金)
監督 ウギス・オルテ/モルテン・トロービク
出演 ミラン・フラス/ヤネズ・ガブリッチェ/ルカ・ヤムニク
上映時間 100分
製作国 ラトビア・ノルウェー・スロベニア合作(2016年)

公式サイト
http://kitachousen-rock.espace-sarou.com/