Cu-Bop across the border
(2018年 9月29日 ~ 10月5日)

苦境をものともせずに自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録した日本・キューバ合作による音楽ドキュメンタリー。2015年に日本公開されロングランヒットを記録した「Cu-Bop CUBA New York music documentary」をもとに、その後の激変するキューバ/アメリカ情勢を踏まえて再撮影と再編集を施して製作された。写真家・ライターとして20年以上にわたってキューバに通い続けてきた高橋慎一が監督を務め、祖国キューバで音楽活動を続けるサックス奏者セサル・ロペスと、ジャズの本場アメリカへ移住したピアノ界の風雲児アクセル・トスカの両者に密着取材。監督自らカメラを持ってミュージシャンたちの自宅に泊まり込み、生活と共にある本物のキューバ音楽を生き生きと描き出す。キューバとアメリカを取り巻く政治状況や、アメリカ発のジャズがキューバで盛り上がっている理由など、両国間の特殊な文化的背景を、人気ラッパーのテルマリーがナレーションで解説する。セサル・ロペスとアクセル・トスカの最新インタビューも収録。

上映期間 2018年 9月29日(土) ~ 10月5日(金)
監督 高橋慎一
上映時間 98分
製作国 日本・キューバ(2018年)

公式サイト
http://cu-bop.tumblr.com/