アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画『ラ・ポワント・クールト』

2020年3月21日~4月3日

フランスの名匠アニエス・ヴァルダ監督が1955年に手がけた長編劇映画デビュー作で、ヌーベルバーグの先駆的存在となった作品。南フランスの小さな漁村を舞台に、生まれ故郷に戻ってきた夫と、パリから彼を追って来た妻、終止符を打とうとしている一組の夫婦を描く。主演は「ニュー・シネマ・パラダイス」のフィリップ・ノワレと「双頭の鷲」のシルビア・モンフォール。アラン・レネが編集を担当。19年12月、ヴァルダ監督の遺作となった「アニエスによるヴァルダ」を含む特集企画「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」で、日本劇場初公開。

上映期間 2020年3月21日~4月3日
上映時間 80分
監督 アニエス・ヴァルダ
出演 フィリップ・ノワレ/シルビア・モンフォール
製作国 フランス
公式サイト http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/