イサドラの子どもたち

2020年10月31日~11月13日

モダンダンスの始祖として知られるの伝説的ダンサー、イサドラ・ダンカンが亡き子どもたちに捧げたソロダンス「母」をモチーフに、現代に生きる4人の女性の喪失と再生を描いた人間ドラマ。「若き詩人」「泳ぎすぎた夜」で注目を集めたフランスのダミアン・マニベルが監督・脚本を手がけ、2019年・第72回ロカルノ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。イサドラの自伝を読んでいる振付師アガトは、図書室で見つけた舞踊譜と作曲家スクリャービンの音楽を手がかりに「母」の踊りと向き合う。「母」の公演を控える若きダンサーのマノンは、振付師マリカと対話を重ねながら新たなダンスを模索していく。「母」を観劇したエルザはゆっくりとした足取りで帰路につき、自身の過去と重ね合わせながら今夜の記憶を反芻する。

【ダミアン・マニヴェル監督 短編4作も同時公開!】

犬を連れた女 [2010/16分]
日曜日の朝 [2012/18分]
若き詩人 [2014/1時間11分]
パーク [2016/1時間12分]

10/31(土)17:05~ 日曜日の朝 17:30~ パーク
(2本セットで通常料金)
11/3(火)13:20~ 犬を連れた女 13:45~ 若き詩人
(2本セットで通常料金)
11/13(金)17:00~ 若き詩人 18:25~ 犬を連れた女・日曜日の朝
(3本セットで通常料金)

※1本のみでも通常料金をいただきます。

上映期間 2020年10月31日~11月13日
上映時間 1時間24分
監督 ダミアン・マニヴェル
出演 アガト・ボニゼール/マノン・カルパンティエ/マリカ・リッジ/エルザ・ウォリアストン
製作国 フランス・韓国合作(2019年)
公式サイト http://isadora-2020.com/