トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

2021年8月7日~8月20日

「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイが19世紀のオーストラリアで権力と差別に立ち向った伝説の反逆者、ネッド・ケリーを演じたドラマ。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリーは、頼りにならない父に代わって母と6人の姉弟妹を支えてきた。父の死後、母は生活のために幼いネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばし、ネッドはハリーの共犯者として10代で逮捕される。出所したネッドを横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけ、家族ともども投獄しようする。家族や仲間への理不尽な扱いに、ネッドは弟らや仲間たちとともに「ケリー・ギャング」として立ち上がる。ケリー役のマッケイのほか、ラッセル・クロウ、ニコラス・ホルト、チャーリー・ハナムが顔をそろえる。監督は「アサシン クリード」のジャスティン・カーゼル。

上映期間 2021年8月7日~8月20日
上映時間 2時間5分
監督 ジャスティン・カーゼル
出演 ジョージ・マッケイ/ニコラス・ホルト/トーマシン・マッケンジー/ラッセル・クロウ
製作国 オーストラリア・イギリス・フランス(2019年)
公式サイト http://kellygangjp.com/