たぶん悪魔が

2022年4月16日〜4月29日(日替わり上映)

「ラルジャン」「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」などで知られるフランスのロベール・ブレッソン監督が1977年に手がけ、環境破壊が進み社会通念が激変した当時の情勢を背景に、ニュース映像などを交えながらひとりの若者の死を見つめたドラマ。裕福な家柄に生まれた美貌の青年シャルルは、自殺願望にとり憑かれている。政治集会や教会の討論会に参加しても、違和感を抱くだけで何も変わらない。環境破壊を危惧する生態学者の友人ミシェルや、シャルルに寄り添う2人の女性アルベルトとエドヴィージュと一緒に過ごしても、死への誘惑を断ち切ることはできない。やがて冤罪で警察に連行されたシャルルは、さらなる虚無にさいなまれていく。1977年・第27回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞。

上映期間 2022年4月16日〜4月29日(日替わり上映)
上映時間 1時間33分
監督 ロベール・ブレッソン
出演 アントワーヌ・モニエ/ティナ・イリサリ/アンリ・ド・モーブラン
製作国 フランス(1977年)
公式サイト https://lancelotakuma.jp/